古河ヤクルト販売株式会社
ヤクルトビューティーエンスの化粧品とホームエステ 乳酸菌の力で美しいお肌ご自宅でプロのフェイシャルエステを
  • 腸トレのサイトへ

お申し込みとお届けについて

  • トップページ
  • ヤクルトグループの企業理念

古河ヤクルト販売について

  • 会社概要
  • 各部門の紹介

スタッフの仕事について

  • ヤクルトスタッフ募集中
  • サービスセンターのご案内

ヤクルト関連情報

会社概要

本社

〒306-0015  茨城県古河市南町1-62
TEL.0280-31-8960  FAX.0280-31-2579


より大きな地図で 古河ヤクルト販売本社、支店、営業所 を表示

土浦支店

〒306-0817  茨城県土浦市永国町767-2
TEL.029-821-1623  FAX.029-821-4015


より大きな地図で 古河ヤクルト販売本社、支店、営業所 を表示

下館営業所

〒308-0063  茨城県筑西市神分213-1
TEL.0296-24-6318  FAX.0296-22-7082


より大きな地図で 古河ヤクルト販売本社 、支店、営業所 を表示

沿革

【1959(昭和34)年】 茨城県古河市下山町に古河工場設立
【1960(昭和35)年】 株式会社ヤクルト古河処理工場として創業
代表取締役社長に相馬皆治就任
【1962(昭和37)年】 代表取締役社長に相馬省二就任
【1968(昭和43)年】 古河・土浦・下館・水海道営業所の合併 土浦営業所開設
【1969(昭和44)年】 古河ヤクルト販売株式会社へ社名変更
【1970(昭和45)年】 下館営業所開設
【1973(昭和48)年】 代表取締役社長に相馬和夫就任
【1983(昭和58)年】 ニューセンターシステムを導入
【1986(昭和61)年】 代表取締役社長に石田栄就任
【1995(平成7)年】 代表取締役社長に相馬武彦就任
【2001(平成13)年】 代表取締役社長に相馬稔就任
【2010(平成22)年】 古河ヤクルト販売株式会社創業50周年
【2011(平成23)年】 代表取締役社長に山浦博就任

グループ企業

両毛ヤクルト販売株式会社

〒326-0033  栃木県足利市花園25
TEL.0284-42-8960  FAX.0284-41-5489

栃木県南部、群馬県南東部を管理市場として、全国ヤクルトグループの一員として、地域の皆さまの健康を願い、企業活動を展開しております。
営業、直販、化粧品の3つのチャネルを活用し、ヤクルトブランド商品の販売を中心に営業活動を行っております。

サン商事株式会社

〒306-0053  茨城県古河市中田1276-1
TEL.0280-48-2200  FAX.0280-48-4895

茨城県西部をメインに栃木県、埼玉県、群馬県をカバーしレンタルサービスをベースとした事業を展開。
冷熱事業は、三洋電機特約店として、冷凍冷蔵設備、製氷機、エアコン等の販売を行っております。

株式会社テラトレーディング

〒326-0814  栃木県足利市通3-2610
TEL.0284-21-6335  FAX.0284-21-6313

ホテル、レストラン、ゴルフ場などへ自社焙煎コーヒー、業務用冷凍常温食品等の販売や、家庭向け一般商品、ギフト商品の販売企画、開発を行っております。

株式会社マツダアンフィニ両毛

〒326-0044  栃木県足利市助戸1-644
TEL.0284-42-5115  FAX.0284-42-5140

マツダのディーラーとして、新車、中古車の販売や、車検等のサービスの他に、損害保険代理店として保険取扱業務を行っております。

両毛エコライフ株式会社

〒326-0033  栃木県足利市花園町25
TEL.0284-40-1477  FAX.0284-43-1288

美しい地球とすべての生命のために、太陽光発電システムの販売、施行を行っております。

社会福祉法人  真善会
特別養護老人ホーム
ブロムナード  ひこや

〒306-0143  栃木県足利市葉鹿町2019-1
TEL.0284-64-0661  FAX.0284-64-0663

特別養護老人ホーム機能のほか、ショートスティ・ディサービス・ホームヘルパー派遣などを行っている老人介護施設です。

  
軽費老人ホーム(指定特定施設入所者生活介護)
ひこやの里

〒306-0143  栃木県足利市葉鹿町1921-4
TEL.0284-63-2801  FAX.0284-63-2802

可能な限り自宅と同じ環境で、安心で自立した生活ができるようにと望まれる方の為の新しいスタイルの老人施設です。

社会貢献活動

地域・社会とのかかわり

一人の「真心」から生まれた【愛の訪問活動】は、ヤクルトレディが商品をお届けしながら、独り暮らしのお年寄りの安否を確認したり、話し相手になるという活動で、昭和47年から続けられています。
この活動は、福島県郡山市の一人のヤクルトレディが、誰にも看取られることもなく亡くなった独り暮らしのお年寄りの話に胸を痛め、担当地域に暮らしている独り暮らしのお年寄りに自費で「ヤクルト」をお届けしたことがはじまりです。この活動に販売会社や地域の民生委員の方々が共鳴し、さらには自治体をも動かして全国的に広がっていきました。
当社も昭和53年の古河市をはじめ、現在14市町村で約2,200名の方々へヤクルトお届けによる安否の確認を行っております。

ヤクルトスタッフによる地域防犯活動

担当地域に毎日商品をお届けしているヤクルトレディは、地域のすみずみまで 目が届くことから、各地の警察等と連携して地域の安全・安心へのお手伝いをしています。
当社も茨城県警察本部と栃木県警察本部より「地域安全パトロール」を平成18年より実施しております。
また同年より「こどもを守る110番の家」として、当社の支店、営業所、センター等で実施しております。

スポーツ振興

少年野球を通じて地域社会に貢献
昭和51年より小中学生の野球チームを対象に、プロ野球選手との交流を通して正しい練習方法や技術を習得し、スポーツの楽しさ、健康の素晴らしさを知ってもらうことことを目的に実施されています。

福祉ヤクルト運動の実施

当社では、昭和39年より「福祉に役立てて頂きたい」という願いから、ご協力をさせていただきました。昭和40年茨城県社会福祉協議会、昭和44年茨城県知事、平成7年栃木県知事をはじめ、各市町村より感謝の言葉を頂いております。また、平成7年度より茨城県の営業範囲内の社会福祉協議会への給食配食車の寄贈を開始し、平成17年度からはより広い用途で利用いただけるよう福祉車輌を寄贈しています。
栃木県においては平成7年より栃の実基金に、平成17年からは栃の実基金と合わせて、より身近な営業エリア内の各市町村社会福祉協議会へ寄付を実施しています。

このページのトップへ